【投資初心者向け】米国債は買ってはいけない?米国債の価格と金利の関係、利下げはメリット?流動性はあるの?

投資

【投資初心者向け】米国債の特徴と覚えるべきポイントとは?

 

米国債(アメリカ政府が発行する債券)は現在安定した投資先として多くの投資家に利用されています。

 

そして、米国債は世界で最も安全な金融資産とされ、世界最大の売買を誇るといわれています。

 

しかし、米国債の仕組みや価格と金利の関係は一見すると複雑に感じられるのも事実。

 

なのでこの記事では、この関係を初心者の方にも分かりやすく解説しました。

 

利下げが始まると言われてる今のタイミングからスタートすることも視野に入れて見てください。

 

ぜひ最後までご覧ください!

 

※この記事はプロモーションを含みます。

米国債、米国株ならSBI証券SBI証券 米国株

米国債とは?

まず、米国債とは、アメリカ政府が資金を調達するために発行する債券です。

 

債券を購入することで、投資家はアメリカ政府にお金を貸すことになり、

その見返りとして利息(クーポン)を受け取ります。

 

米国債は満期になると額面金額が返還されるため、比較的安全な投資とされています。

 

 

金利と価格の基本的な関係

米国債の価格と金利は逆相関の関係にあります。

 

これはつまり、金利が上昇すると米国債の価格は下落し、逆に金利が下がると米国債の価格は上昇するということです。

 

この関係を理解するためには、以下のポイントを押さえておくとよいでしょう。

 

  1. 固定利付債券の性質:米国債は通常、発行時に固定利率が設定されます。この利率は発行時の市場金利に基づいて決まります。 
     
  2. 金利の変動:市場金利が変動すると、新たに発行される債券の利率も変動します。例えば、市場金利が上昇すると、新しい債券はより高い利率で発行されます。 
     
  3. 既存債券の価値:市場金利が上昇した場合、既存の低利率の債券は魅力が減少し、その価格が下落します。
     
    一方、市場金利が下がると、既存の高利率の債券は魅力が増し、その価格が上昇します。

 

金利上昇と下落の要因

金利が上昇したり下落したりする要因は多岐にわたりますが、主な要因をいくつか挙げてみましょう。

 

  1. 経済成長:経済が成長しているときは、消費や投資が活発になり、資金需要が高まります。

    その結果、金利が上昇する傾向があります。
  2. インフレーション:インフレーション(物価上昇)が予想されると、投資家はインフレに対抗するために高い金利を要求します。
     
     これにより、金利が上昇します。
  3. 中央銀行の政策:アメリカの中央銀行である連邦準備制度(FRB)は、経済の安定と成長を目的に金利を調整を行います。
     
    景気が過熱している場合は金利を引き上げ、景気が低迷している場合は金利を引き下げることがよくあります。
  4. 世界的な経済状況:グローバルな経済状況や他国の金利政策も米国債の金利に影響を与えます。
     
    例えば、他国の金利が上昇すれば、資本がそちらに流れるため、米国債の金利も上昇する可能性も!

 

 



利下げと米国債価格の関係

利下げとは?

利下げは、アメリカの中央銀行である連邦準備制度(FRB)が政策金利を引き下げることを指します。

 

※今のところ2024年後半から利下げが行われる可能性が高いといわれてます。

 

政策金利は、銀行がFRBから短期資金を借りる際の金利であり、この金利が引き下げられると、経済全体の金利も下がる傾向があります。

 

IPOにも対応してる松井証券

利下げの効果

  1. 新規債券の利率:利下げにより、新たに発行される債券の利率が下がります。
     
    これにより、既存の高利率の債券が相対的に魅力的になります。
     
  2. 既存債券の価値:市場金利が下がると、既に発行されている高利率の債券の価値が上昇します。
     
     
    これは、投資家が低利率の新規債券よりも高利率の既存債券を好むためです。 
     

具体的な例

例えば、あなたが2年前に発行された米国債を持っていて、その利率が3%だとします。

 

現在の市場金利がFRBの利下げにより2%に下がった場合、新たに発行される米国債は2%の利率になります。

 

この状況下では、あなたが持っている3%の利率の米国債はより魅力的に映るため、その債券の市場価格が上昇します。

米国債、米国株ならSBI証券SBI証券 米国株

米国債の売却方法

米国債は、発行後に二次市場で売買することが可能です。

 

二次市場とは、既に発行された債券が投資家同士で売買される市場のことです。

 

ここでは、株式市場のように債券の価格がリアルタイムで変動します。

 

 

売却の手順

1.証券会社を通じて売却

    • 米国債を購入した証券会社やブローカーを通じて売却の手続きを行います。
    • オンラインプラットフォームを利用している場合は、自分で売却注文を出すこともできます。

 

2.価格の確認

    • 売却時の価格は市場の需給によって決まります。
    • 金利の動向や経済状況によって価格が変動するため、現在の市場価格を確認してから売却を決定します。

 

売却時の注意点

1.市場価格の変動

    • 米国債の価格は市場金利の変動により変わります。
    • 金利が上昇すると債券価格は下がり、金利が下がると債券価格は上がります。
    • 満期前に売却する場合、購入時より高い価格で売却できることもあれば、逆に低い価格でしか売却できない場合もあります。

 

2.手数料

    • 売却時には証券会社に手数料を支払う必要があります。手数料の金額は証券会社によって異なるため、事前に確認しておくことが重要です。

 

3.利息の受け取り

    • 売却時点までに発生した利息(クーポン)は、売却時に購入者に支払われます。したがって、売却価格にはこの利息分も反映されます。

 

まとめ

米国債の価格と金利の関係を理解することは、投資家にとって非常に重要です。

以下に、この記事で学んだ主要なポイントをまとめます。

 

1.米国債とは

    • 米国債は、アメリカ政府が発行する債券であり、投資家はこれを購入することで政府に資金を貸し、利息を受け取ります。
    • 満期時には額面金額が返還されるため、比較的安全な投資とされています。

 

2.金利と価格の基本的な関係

    • 米国債の価格と金利は逆相関の関係にあります。金利が上昇すると価格は下落し、金利が下がると価格は上昇します。
    • 固定利付債券の性質、新規債券の利率、既存債券の価値の変動を理解することが重要です。

 

3.金利上昇と下落の要因

    • 経済成長、インフレーション、中央銀行の政策、世界的な経済状況などが金利に影響を与えます。

 

4.利下げと米国債価格の関係

    • 利下げは、FRBが政策金利を引き下げることです。これにより、新規債券の利率が下がり、既存の高利率の債券が相対的に魅力的になり、その価値が上昇します。

 

5.米国債の売却方法

    • 米国債は証券会社など2次市場で売買でき、証券会社を通じて売却手続きを行います。
    • 売却時の市場価格の変動、手数料、利息の受け取りに注意が必要です。

 

米国債の価格と金利の関係を理解することで、より賢明な投資判断ができるようになります。

 

市場の金利動向や経済状況に注目し、自分の投資戦略を適切に調整していきましょう。

オススメ有料コンテンツ(高レビュー)

 

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました